2009年12月13日

内部リンクの重要性

SEO対策において被リンクを獲得するということは非常に重要な事項です。

被リンクというのは外部のサイトと相互リンクをして得る方法もありますが、自社サイト内の内部リンクというのもリンク元として効果的な力を発揮します。

目的とするページが例えばトップページであるとすれば、その他のサブページから希望のキーワードのアンカーテキストにてリンクを貼るよう心がけましょう。

この内部リンクの効果はECサイトなど、ページボリュームがあるサイトにおいて特に大きな力を発揮します。

その際、トップページのページランクが高い場合、その他サブページのランクも自動的にあがる傾向にあり、(100%ではありません)リンク元の力も強くなります。

つまり、トップページが強力なサイトは自動的に内部ページも強くなり、その強くなった内部ページからのリンクで自動的にさらにきょうkじゃされるということです。

難しい話ですがぼちぼちまた記事を書いていきます。

posted by ナバ at 01:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。