2010年01月16日

グーグル順位決定に際して考慮される諸要素

WEBページで面白い内容の記載があったのでご紹介

①グーグルは、バックリンク数増減の時系列変化に着目している。明らかに無関係のウェブエージとのリンクの突然の増加は、スパム行為の指標である。

②ウェブページの更新頻度を順位決定要素とする。より頻繁に、より最近に、より広範囲に、ウェブページの内容が更新されれば、それを重視する。だたし、たとえ更新頻度が高かったとしても、その更新頻度が、固定的であれば、更新率が高まっているページのほうを高く評価する。

③以前の順位と関連付けて、現在の順位を決定する。順位の急上昇は、管理人がスパム行為を行っている兆候とみなす。

④異なる内容のアンカーテキストリンクを最重視する。

⑤グーグル検索によるアクセス時間をモニターする。順位決定に当たっては、グーグル検索によるウェブページへのアクセス数を反映させる。←実際には、していないと推測します。

引用元
http://www.geocities.jp/existenzueda/pattent.htm

この内容は非常に的をえていると思います。

⑤はまあないかなと思いますが、上記のことを意識して「継続的に」SEO対策を行っていけば、うまく上位表示できるんじゃないですかね~
posted by ナバ at 12:08| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。